美白化粧品を正しく使い綺麗な肌を目指そう

ノーベル賞を受賞したEGFと肌の関係

多くの美白化粧品に含まれている成分、EGFは元々人の体内にある成分で、53個のアミノ酸から作られているタンパク質の一種です。 肌細胞は、通常約28日周期でターンオーバーが起き、生まれ変わりを繰り返していますが、不規則な生活や、肌へのダメージなどでその周期が崩れてしまうと肌が再生しなくなってしまいます。

しかし、このEGFを肌に浸透させることでターンオーバーが正常に起きるようにし、肌をより美しくする、と考えられています。 その効果により、EGFはノーベル賞を受賞した高級美白成分で、しみやしわ、たるみに効果がある、と考えられています。

EGFは元々やけどなどによる皮膚移植や傷の回復を助けるために医療分野で使われており、1gが8,000円もする効果なものでしたが、最近ではバイオなどで作れるようになったため、手に入れやすくなりました。 元々肌にある成分なら、きっと安心して使えますし、ノーベル賞を受賞したのでしたらますます安心して使うことができるのではないでしょうか。

その他のコンテンツ